So-net無料ブログ作成

いらないと思ってたものが実はかなり重要なものだったりするよね [ゲーム]

レポート・・・真っ白・・・sakaeです。
頭の中も真っ白さ、まったく。
・・・頑張ります。
それはそれとしてタイトルで書いたようなことってあるよね。
かなり前にもらったプリントがいい加減いらないよねとか思ってたらいきなり必要になったりとか、これよくわかんないから捨てちゃえとか思ってたのが何かの大切な部品だったり。
衝動買いで、つい買っちゃったものが「めちゃめちゃ使うやんか」みたいな状況になったりとか。
まぁ何が言いたいかというと、先日の例会の後、先輩方とWA(ワイルドアームズ)シリーズを原作にした自作TRPGをやってて、それのキャラ作成のときに・・・
「瀕死系特技(相手を戦闘不能にする)を個人的に持ちたいのですがいいですかね?コストとか重いんですが」
「他の特技でダメージが出せるならいいんじゃない?」
ということで趣味に奔った特技を持っていたわけですが・・・
ランダムエンカウントでボス級の敵や状態異常の怖い敵に当たること、当たること・・・
「えっ?こいつ瀕死系特技あるの?」
「げぇ、状態異常で振るダイスが一個減った」
「うは、このダメージはないぞ」
etc、etc
ボスか余程のことがない限り瀕死耐性が無かったため、この特技が大変重宝しました。
おかしいなぁ?フレーバー程度の感覚で持っていたんだけども・・・
と言うことが有って、いつ何が役に立つかわからんね、と言うのが結論。
いや普通にお役立ちなんだけど、まさかここまで使うとも思わなかったよ。
いやはや。



わぁ○○のワイバーンより速~い [ゲーム]

徒然なるままに、脳汁垂れ流しながら書いてます
OGsに関しては良い出来だと思います
一般的には
・・・
・・・
何故こういう物言いをするかと言えば、いくつかの戦闘デモが流れないで止まっちまうのでさぁ(泣)
本体とソフト、どっちが悪いのかねぇ・・・
でも良作ですよ、うん
以下ネタばれあるかも

続きを読む



ぬおっ寸止め(わかっちゃいたけど) [ゲーム]

OGsクリアいたしますた
なかなか良かったと思います、詳細は後日
いろいろ言いたいこともあったけどねぇ、まあそれはそれとして
拙僧は生きてます
(何が言いたかった?)
(知らん)



あいつらの考えていることは良くわからん [ゲーム]

TRPGをやっている上で一度は耳にしたことはあるであろう
D&D;ダンジョン&ドラゴンズ(英和辞書引けばのってるほど有名)
世界初のTRPGゲーム、メイドインアメリカ
世界観はいたって普通の中世ファンタジー
剣士がいて、魔法使いがいて、盗賊がいて、エルフなどの異種族やドラゴンもいる
経験値は難しいダンジョンほど財宝が眠ってるとのことで手に入れた金貨の枚数で経験値がはいる
タイトルどおりダンジョンにもぐって冒険するゲームだ
ここまで聞いた段階ではまぁ普通のゲームだ
だがプレイしてみるといろんな意味で普通ではない
1、HP決定がダイス
このゲーム、大体の能力値はダイスで決定するのだがそれ自体はまぁ珍しくない(SWなど日本のゲームにも存在する)
だがダイス一個はありえない
職業ごとに振るダイスが決まっており、魔法使いなどの職業は4面ダイス(正四面体)を、戦士などは8面ダイス(四角錐を二つくっつけた形)を振るそれぞれ一個しか振ることができない
参考までに言うダメージ3は入るよ
ん?HPの期待値は2.5と4.5・・・
戦士でも2撃でお陀仏じゃん、しかも運が悪いとHP1、アクションゲームかこれは!
2、魔法がおかしい
この世界において魔法はかなり強力である、であるが故に魔法使いは一日一度しか魔法が使えない
・・・は?
しかもダンジョンで使える魔法はその日これを使うと決めたもの一つだけを使うことができる(覚えきるのが難しいそうな)
・・・はぁ?
一回放ったら役立たず街道まっしぐらなのか、魔法使いよ、しかも魔法選択の自由が無いも同然だし
100歩譲ってそれでいいとしよう、それはそれとして他の魔法は抵抗されるけども、この魔法はすごいなぁ
スリープ:相手を眠らせる、抵抗不可だがドラゴンには効かない
?おかしいね、魔法の抵抗値が職業ごとに決まっているのにスリープは問答無用だね
しかも一人の相手、とか書いてないから(他のには書いてるのかもしれない)全体でもOKだよね?
しかも眠ったら他の人に起こされるまで起きれないぞ?(効果時間は1d6時間だったとは思う)
眠ってしまったら、という説明のところにはこんなことが書いてあるぞ
「刃のついた武器を持っていれば眠った相手を殺すことができる」
うん強すぎるね
あと司祭(クレリック)がターンアンテッドというスケルトンやゾンビなどを消滅させる魔法があるのだがこちらは回数制限は無い
?おかしいねぇ、強いのにこれか?魔法使いとはえらい違いだな
あとこいつは回復魔法があるがする前に死んでると思う
3、毒がおかしい
毒、毒針などのトラップはいたって普通に日本のゲームでも存在する、何が問題かというと効果である
毒に関する説明を見るとすべてにおいてこのように締めくくられている。
「~のため死亡する」
?マジで?体が痺れたり、眠っちゃったりするだけで終わりじゃないの?死亡ってお前・・・
しかもそのほとんどが即死ってなんだよ
普通に考えれば侵入者(PC)に手加減する必要は無いのだが別に麻酔針でも充分効果は出ると思うのだけれど
4、クラスがおかしい
このゲームは能力によって戦士などの職業やエルフなどの種族になれる(これらをクラスと称す)
ここまでは普通、おかしいのは職業ごとの技能
魔法に関しては言ったので他のクラスについて
戦士:特になし

盗賊:罠を見つけたり、聞き耳を立てたり、壁を登ったりできるよ、ただしそれぞれの成功率は10%、40%80%だ、あそうそうトラップの解除も10%
ドワーフ:罠などの仕掛けを見破る、暗い中でサーモグラフィみたいな感じで見ることができるよ、見破るのは30%だ
エルフ:スリープを除く魔法が使えて、隠し扉があるかどうか見破る、見破るのは30%
え?シーフの立場って一体何?
ハーフリング:身を隠す
・・・役に立つのか?
何だろう、なんというか職業の良さを体感できない(特にシーフ)
軒並み成功率が低いって、マジで勇者を発見しようとするなよ(これでやっていけるのはそういうやつらだろう)
こんなゲームにおいて生存率など気にするだけ無駄だと言いたい
こんなハードルの高いゲームでよく遊べるよなぁ、アメリカ人
アメリカ製ゲームとしてはT&Tというものが存在するがこれもすごい
こちらも紙のように死ねます
生き抜くことは不可能ではないですが、期待するだけ無駄と割り切るのが楽しむコツではないかと
日本のゲームとはかなり一線を隔するゲーム
やっているとアメリカ人が良くわからなくなると思う今日この頃だった



PKについて [ゲーム]

どうも、sakaeですが、なにか
さて、昨今オンラインゲームが大量に出回っておりますが、そうしたなかでPKという言葉を聴いたことがあると思います。
PK、すなわちPlayer Kill に関して私はシステムとしてちょっときついと思うのです。
何故か?
体験談なのですが、ちょっとばっかりまえにC21というオンラインゲームをやったのですが、
これは購入およびカスタムしたロボットを操縦して、敵軍のロボットを倒していくのですが、私はアクションがあまり得意ではないため、よく狙いをはずしてしまうのですが・・・
近くにプレイヤーがいた場合、その人に当たることがしばしば。
また他の人が狩っている敵を誤って倒してしまったりしてしまう。
こうなると黙っていない相手もいるわけで、それが高レベルのプレイヤーであれば、もう一目散に逃げるほかありません。このゲーム、運営間もないため、狩場が少ないので、ひとがひしめいていてそういった状況はしょっちゅうで、PKされると修理費で金が飛んで、新しい武器やパーツを購入することもままなりませんでした。
敵を倒そうと思っても、周囲に気を配っていないといけないため集中して敵を倒せず、楽しめなかったため、結局やめてしまいました。(ほかにも理由があったりするけど)
PKがあれば節度のない相手を懲らしめることは可能なのでしょうが、逆に弱いものいじめをする輩もでるわけで・・・このシステムは一長一短だと思います。

まあ、メイプルストーリーにPKなくて良かった。



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。